和歌山市にて、中年世代御用達自家焙煎コーヒー豆小売専門店をめざしています

これからの(2018年11月からの)エカワ珈琲店は、中年世代御用達(参考1)の自家焙煎コーヒー豆小売専門店路線を歩んで行こうと考えています。 若い人たちが興味を示す珈琲の先端部分で商売するには、年齢を重ねすぎています。67歳と58歳という年齢で…

東京医療保健大学和歌山看護学部の大学祭である医愛祭と大村家の長屋門

今年(2018年)の4月、和歌山市東坂の上丁の雄湊小学校跡地に開校した東京医療保健大学和歌山看護学部(参考1)の第1回大学祭(or学園祭)が、11月3日(土曜日)と11月4日(日曜日)の2日間に渡って開催されていました。 東京医療保健大学和歌山看護学部…

徒歩数分、エカワ珈琲店から一番近い買い物スポットは七曲り市場

昭和の頃、和歌山市を代表する食品市場だったのが七曲り市場です。昭和45年に和歌山国体が開催されて、その翌年、街中を走っていた路面電車が廃止になった頃までは、連日、買い物客が溢れていて1万円札が舞っていたのを覚えています。

2018年9月30日、台風24号、和歌山県田辺市付近に上陸

2018年8月末に襲来した台風20号で、店舗2階に取り付けていた看板が破壊されて、店舗テントも破れてしまいました。 9月初め、台風21号が襲来するというとで、破壊されて蛍光灯がむき出しになっている店舗2階部分に取り付けてある看板は、危ないの…

和歌山市で洋菓子といえば、やっぱりカンサ洋菓子店

小生(エカワ珈琲店の店主)は、洋菓子が大好きです。数ある和歌山市内の洋菓子店の中で、一番のお気に入りと言えば、和歌山市東高松のカンサ洋菓子店です。 そのカンサ洋菓子店で、今日、久しぶりにケーキと焼き菓子を購入して来ました。 小生の高校時代(昭和…

和歌山市は、それなりに老後生活をエンジョイできる地方都市だと思います

現在67歳で、50代の頃よりも少し身体的に衰えているのですが、50代後半の頃とそれほど変わらない生活を営めています。しかし、後10数年が経過して80代になる頃には(もし生きていれば・・ですが)、相当な身体能力の衰えを自覚しているはずです。 相…

エカワ珈琲店の特売!! 珈琲の日セール実施中(店舗小売り限定)

10月1日は国際コーヒーの日です。 あまり関係ないかもしれませんが、Internatinal coffee day/インターナショナルコーヒーデーにあやかって、『珈琲の日セール』と銘打った焙煎コーヒー豆の特売を実施します。

地方都市の高齢者が営む零細生業の自家焙煎コーヒー豆小売専門店でも頑張れる

昔ながらの喫茶店から自家焙煎コーヒー豆小売専門店に衣替えしたのが、平成元年8月のことです。その頃、エカワ珈琲店が理想としていたのは、ロンドンやニューヨークの下町で長年に渡って焙煎珈琲豆小売店を営んでいる家族経営のお店でした。 当時、都会の古…

台風21号、和歌山襲来、相当な被害が・・・

9月4日火曜日、室戸台風以来ともいう非常に強い勢力を持つ台風21号が関西を直撃、我が町和歌山市にも相当な被害をもたらしたようです。 和歌山市内で2万軒(or数万軒)以上が停電、台風が通り過ぎた午後6時でも相当に広い範囲の地域で停電が続いているよ…

台風20号(2018年8月23日~24日)、30数年ぶりに台風で被害を受けました

2018年8月23日の午後9時30分頃から雨風が強くなって来て、翌日の24日午前2時頃まですごい勢いの強風が吹いていました。 和歌山市が台風の進路の右側に位置していて、店舗(兼住宅)の前に15階建てのマンションが建っているので、台風の強風がよ…

和歌山城近くのビジネスホテル

最近は、お風呂を兼ねて近くのスポーツジム(ホリデースポーツクラブ/参考1)にほぼ毎日通っているので、暗くなってから和歌山城の周りを歩くことは稀になったのですが、去年(2017年)の秋頃までは、4年間(61歳~65歳の間)ほど、和歌山城の周囲(1周…

あなたが和歌山市を訪れなければならない7つの理由

奈良・平安の時代から、和歌山市は海の町でした。奈良・平安時代、都のお金持ちの人(貴族)たちは、和歌の浦や加太に旅して、そこから眺める景色の素晴らしさを歌に読んでいます。

和歌山城に残る唯一の櫓(やぐら)門は国の重要文化財

豊臣秀吉の弟、豊臣秀長が和泉と紀伊の国の領主となって、1585年に和歌山城の築城を開始、翌年(1585年)、桑山重晴が城代となって城を整備します。 関ケ原の戦のあと、浅野幸長が紀伊和歌山37万6千石の領主となり和歌山城に入城。 1619年、徳川頼…

今日のお昼ご飯は、手打ちそば「中道」さんの天ぷらそばです

今日(2018年6月4日/月曜日)は定休日なので、お昼ご飯は外食です。毎月何回かは日本そばが食べたくなります。 蕎麦を食するなら、和歌山市毛革屋丁7に立地している「中道」か、和歌山市畑屋敷榎丁47に立地している「信濃庵」と決めています。 今日…

和歌山市が発行している老人優待利用券

私(エカワ珈琲店の店主)が暮らす和歌山市は、65歳以上の高齢者になると、希望すれば和歌山市内の一部の公共施設を無料で利用できる「老人優待利用券」を発行してくれます。 我が家の近くで、「老人優待券」を使って徒歩や自転車で気軽に利用できる施設は、…