エカワ珈琲店の出来事

現在(2019年5月~)、更新を停止しています。『65歳以上の高齢者です。年金だけでは食べて行けないので働いています。』に、記事を順次移転させていくつもりです。

4月27日(土)~5月6日(月)、日曜日はお休みで他の日は短縮営業します。

さすがに、2019年4月27日(土曜日)~5月6日(月曜日)までという10日間もの連続休暇は無理なので、和歌山市雑賀屋町の実店舗は、上の写真のように、日曜日は休ませて頂いて、他の日は午後1時~午後5時までの短縮営業とさせて頂きます。 通信販売は…

無料コンテンツよりも有料コンテンツで稼ぎたい!!

稼ぎ頭の『江川珈琲店のブログ』にgoogle広告が表示されない状態ですが、もう1週間続いています。 何故、google広告が表示されなくなったかと言うと、新たにドメインを取得して、ブログのURLを取得したドメインに変更したからです。取得したドメインにURLを…

逆流性食道炎の症状が改善して来ているので珈琲豆焙煎屋稼業で頑張れるかも・・・

一昨年(2017年)の秋の初め頃から去年(2018年)の10月の中頃までの1年1か月間、狭心症によく似た逆流性食道炎の症状に苦しめられて来たと思っていたのですが、考えてみれば、2年前、2017年(一昨年)の4月の中頃から、逆流性食道炎の症状に苦…

1000円稼いで、ものすごく嬉しい時は・・・・・

焙煎コーヒー豆の小売り商売で1日1000円稼ぐのを難しいと感じたのは、遥か昔の事です。 20数年前、自家焙煎コーヒー豆の小売商売を始めた頃、お客さんが誰も来てくれない日が何日か続いて、ある日、1000円も稼いだりすると、ものすごく嬉しかった…

営業時間と定休日のお知らせ【エカワ珈琲店】

営業時間(店舗)は、 大体、午前11時頃~午後5時頃まで 定休日は、毎週、日曜日です。 定休日以外に、毎月1日から2日くらい臨時休業させて頂くことがあるかもしれません。(できるだけ、HP/珈琲情報館のトップページでお知らせするつもりです。) 自前の…

例えば、和歌山市(地元)で、お気に入りの珈琲豆焙煎屋さんを見つける方法

近くのスーパーマーケットや百貨店、コンビニエンスストアーやショッピングセンターで売っている賞味期限が3か月~1年の大量生産された焙煎コーヒー豆では無くて、焙煎日から1か月以内の新しい(新鮮な)焙煎コーヒー豆でコーヒーを淹れて、香りや風味とコ…

中核都市和歌山市で、年金だけでは食べて行けないので高齢者フリーランスやっています。

毎月、夫婦で手取り年金収入が20万円あれば、都会と田舎の中間的な性格を持っている中核都市でなら、余裕を持って暮らせるということになっています。 公租公課を引かれての手取り年金収入20万円なら、1日7000円弱消費できるので、ある程度の貯えが…

和歌山市民図書館、交通の便の良い南海和歌山市駅に新築移転する予定

南海和歌山市駅の再開発事業ですが、2017年にオフィス棟が完成して、2018年の4月からは、和歌山市民図書館や商業施設、それにホテルなどの建設工事が始まっています。2019年2月からは、駅前広場整備工事が始まると報じられています。 南海和歌…

パパママ商売を営んでいる和歌山市雑賀屋町に居住するシニア夫婦の買い物事情

食品スーパーのレジで行列するのが嫌で、それに、食品スーパーの店舗によって、品揃えも商品の価格も違うので、店舗に出かけて購入するとなると、あそこの食品スーパーのお店、こちらの食品スーパーのお店と、ついつい食品スーパーのお店のはしごをしてしま…

2018年、エカワ珈琲店(or我が家)の出来事

今年(2018年)の7月29日、愛猫モモが永眠しました。1998年4月29日生まれですから、20歳と3か月の寿命でした。 彼女が我が家にやって来たのは1998年6月の中頃でしたから、20年以上一緒に暮らして来たわけです。 去年(2017年)の秋(…

和歌山市にて、中年世代御用達自家焙煎コーヒー豆小売専門店をめざしています

これからの(2018年11月からの)エカワ珈琲店は、中年世代御用達(参考1)の自家焙煎コーヒー豆小売専門店路線を歩んで行こうと考えています。 若い人たちが興味を示す珈琲の先端部分で商売するには、年齢を重ねすぎています。67歳と58歳という年齢で…

東京医療保健大学和歌山看護学部の大学祭である医愛祭と大村家の長屋門

今年(2018年)の4月、和歌山市東坂の上丁の雄湊小学校跡地に開校した東京医療保健大学和歌山看護学部(参考1)の第1回大学祭(or学園祭)が、11月3日(土曜日)と11月4日(日曜日)の2日間に渡って開催されていました。 東京医療保健大学和歌山看護学部…

徒歩数分、エカワ珈琲店から一番近い買い物スポットは七曲り市場

昭和の頃、和歌山市を代表する食品市場だったのが七曲り市場です。昭和45年に和歌山国体が開催されて、その翌年、街中を走っていた路面電車が廃止になった頃までは、連日、買い物客が溢れていて1万円札が舞っていたのを覚えています。

2018年9月30日、台風24号、和歌山県田辺市付近に上陸

2018年8月末に襲来した台風20号で、店舗2階に取り付けていた看板が破壊されて、店舗テントも破れてしまいました。 9月初め、台風21号が襲来するというとで、破壊されて蛍光灯がむき出しになっている店舗2階部分に取り付けてある看板は、危ないの…

和歌山市で洋菓子といえば、やっぱりカンサ洋菓子店

小生(エカワ珈琲店の店主)は、洋菓子が大好きです。数ある和歌山市内の洋菓子店の中で、一番のお気に入りと言えば、和歌山市東高松のカンサ洋菓子店です。 そのカンサ洋菓子店で、今日、久しぶりにケーキと焼き菓子を購入して来ました。 小生の高校時代(昭和…