70歳老人の食品学雑記帳

食品学を正式に学んだことの無い70歳の老人が、独断と偏見による食品学を書き綴っています。

社会・文化

図書館の存在価値 | これまでの図書館とこれからの図書館

ある程度の遠い昔、知識や情報を手に入れるのに莫大な費用が必要だったので、知識や情報は、社会の支配層の人たちの独占物だったわけです。 グーテンベルグが活版印刷技術を発明して本の大量生産が可能になったわけですが、本を実際に活用できるのは一部の人…