70歳老人の食品学雑記帳

食品学を正式に学んだことの無い70歳の老人が、独断と偏見による食品学を書き綴っています。

商売雑感

商品・サービスの価格が高すぎると感じる理由 | 商品・サービスの価値に対する感じ方の違い

年老いた珈琲豆焙煎屋は、39歳で脱サラ、それから30年の間、零細生業の自家焙煎コーヒー豆小売専門店を営んできました。 今も昔も零細生業商売のままですが、デフレの時代に30年間も商売を続けて来て、今も商売を続けているわけですから、自分で自分を…