中核都市和歌山市で、年金だけでは食べて行けないので高齢者フリーランスやっています。

 

f:id:ekawa:20190118212210p:plain

毎月、夫婦で手取り年金収入が20万円あれば、都会と田舎の中間的な性格を持っている中核都市でなら、余裕を持って暮らせるということになっています。

公租公課を引かれての手取り年金収入20万円なら、1日7000円弱消費できるので、ある程度の貯えがあれば、普通は、余裕を持って暮らせるのかもしれません。

 

私たち夫婦(エカワ珈琲店の経営者夫婦)は、30数万人の人口を擁する中核都市和歌山市で暮らしています。

医療施設や介護施設は充実していて、公営の文化施設やスポーツ施設も充実していて、民間の文化施設やスポーツ施設も十分にあります。郊外型の大規模ショッピング施設やロードサイド型商業施設も数多く立地しています。食品スーパーも、数多く営業しています。

 

地下鉄などの公共交通機関が整備されている都会と中核都市の最大の相違点は、自動車を所有して運転できなければ、ものすごく不便な生活が待っているということです。

62歳~65歳の3年間、自動車を所有しない生活を実践して、その事を痛感しています。

 

私たち夫婦ですが、年齢差があるので、現在のところ、毎月の手取り年金収入は約7万円です。年金以外の所得の方が多いので、介護保険料は天引きですが、国民健康保険料は別払いです。

私たち夫婦の生活費ですが、大体1日に1万円、毎月30万円くらい費やしています。人生の手持ち時間がそれほど多くないわけですから、今くらいの生活レベルは最低でも維持したいと考えています。(理由があって、医療費に年間50万円近くを費やしています。)

 

ということで、働かなければ公的年金だけで食べて行けないので、自家焙煎コーヒー豆小売ビジネスを夫婦2人だけで営んでいます。

製造小売ビジネスですが、もしかしたら、高齢者フリーランスに適しているビジネスなのかもしれません。30年間の経験と、その間に蓄積して来た技術・知識を駆使して、頑張らずに気楽に働いていても、今の生活レベルを維持するくらいは稼げています。

 

余裕を持った働き方ができるのも、毎月の手取り年金収入約7万円が大きく貢献してくれていると考えています。(最低、毎月7万円の収入があるわけですから)

毎月20万円を生活資金に使えれば、そして健康ならば、地方の中核都市で余裕を持って暮らせるとは考えていませんが、贅沢しなければ普通に暮らして行けると考えています。でも、健康ならば、残りの人生を我慢せずに楽しく暮らしたいわけです。 

 

ということで、高齢者の仲間入りをしていても、健康ならば、高齢者フリーランスで気楽に働いて稼ぎ続けて、残りの人生を我慢せずに楽しく暮らして行きたいと考えている今日この頃です。

余談ですが、京都や横浜や大阪に子供が暮らしているので、 その近所に移住して行った高齢者の知り合いは何人かいますが、都会から中核都市・和歌山市へ移住して来た高齢者の知り合いは皆無です。