2018年9月30日、台風24号、和歌山県田辺市付近に上陸

f:id:ekawa:20181001083340j:plain

2018年8月末に襲来した台風20号で、店舗2階に取り付けていた看板が破壊されて、店舗テントも破れてしまいました。

9月初め、台風21号が襲来するというとで、破壊されて蛍光灯がむき出しになっている店舗2階部分に取り付けてある看板は、危ないので看板屋さんに無理を言って取り外してもらいました。

 

しかし、破れた店舗テントの修復までは手が回らないようで、「しばらく待ってほしい」とのことでした。

そして、台風21号が、蒙古襲来のような勢いで和歌山市に襲来、甚大な被害をもたらしたのですが、エカワ珈琲店は何とか被害を免れることができました。

 

和歌山市内の至る所で、ブルーシートで仮補修した家が存在していて、店舗テントの破れている店も数多く見受けられる状態にあるのですが、またまた、大型の強い台風が襲来するようだということで、9月30日の日曜日は、午前中から台風対策に没頭していました。

f:id:ekawa:20181001083303j:plain

一番心配なのが、店舗正面ドアのガラスです。薄目のガラスを採用しているので、強風で何か堅い固形物が飛んでくればドアのガラスが割れてしまう可能性があります。

で、上の写真のように、ダンボールで全面覆ってしまいました。というように、台風24号が和歌山県にやって来ると予想されている夕方までに、相当な台風対策を施していました。

 

9月30日の夜、台風24号は和歌山県田辺市付近に上陸しました。台風20号・21号の時と違って、和歌山市は台風の左側に位置していたので、強風による被害は免れたようです。何はともあれ、台風は、もうこりごりです。