和歌山市で暮らして来ました。これからも・・・

生まれてから65歳の今まで、和歌山市で暮らして働いて来たエカワ珈琲店の店主が、地元の話題を綴っています

和歌山城周辺

エカワ珈琲店から和歌山のお城まで、直線距離で100メートルくらいです。

お城の周りには、和歌山県庁・和歌山市役所・裁判所・中央官庁の合同庁舎、それに、県や市の文化施設が点在しています。

都市銀行の和歌山支店や、保険会社・証券会社の和歌山支店も集中しています。

 

 

ようするに、エカワ珈琲点は、和歌山市経済の中心部に位置しているわけです。

公共交通機関を利用するにも、たいへん便利な立地です。

 

大阪と和歌山を結んでいる南海電車やJRの阪和線を利用しようと思えば、徒歩で、あるいは、路線バスに乗って20分から30分くらいで、南海和歌山市駅やJRの和歌山駅に行くことができます。

駅から電車に乗って1時間と少しで、大阪市内に到着しています。路線バスは、昼間なら、頻繁に走っています。

 

日赤の医療センターと和歌山済生会病院、2つの大きな病院もあります。

昔とちがって、寂れてしまっていますが、和歌山市の中心商店街や生業規模の個人商店も細々と営業続けています。

もちろん、日用品・食料品主体の地域スーパーも、何店舗かあります。大きな百貨店はありませんが、JR和歌山駅に隣接している小さな百貨店ならあります。

 

地方都市は自動車がなければ生活するのに不便な町が多く、和歌山市も、完全な自動車万能社会ですが、お城周辺に限れば徒歩と自転車で事足ります。

このエカワ珈琲店周辺も、ご他聞に漏れず、街の高齢化・住民の高齢化が進行していたのですが、最近、少し様子が変わってきたようです。

 

マンションが建設されて、若い住民が増えてきました。街の景色も、今までのようにゆっくりとではなくて、急速に変化しています。

いろいろな点で、郊外から旧市街地へのシフトが始まっているのかもしれません。

エカワ珈琲店は、この和歌山城周辺での生活に相当満足しています。

 

ただひとつの難点は、徒歩や自転車で通うことができる距離内に、プール・お風呂付きのフィットネスクラブが存在しないことだと思っていたのですが、今年(2017年)の秋、徒歩で20分~30分くらい、自転車で10分~10数分の距離の場所にフィットネスクラブができるそうです。