和歌山市で暮らして来ました。これからも・・・

生まれてから65歳の今まで、和歌山市で暮らして働いて来たエカワ珈琲店の店主が、地元の話題を綴っています

和歌山城で一番早く咲く桜が、今年も咲いていました

エカワ珈琲店の店主ですが、できるだけ毎日、仕事が終わってから和歌山城の周りを2周くらい歩いています。

1周が約2km、歩数で3500歩くらいです。

 

 

今日(2017年3月30日)も、店を閉めてからウォーキングぐ出かけたのですが、今日は、カメラを片手に持って和歌山城内を歩いてみました。

毎年、一番早く咲く、公園前バス停近く(和歌山中央郵便局近く)の一の橋大手門(徳川時代の和歌山城の表門)を入るとすぐの場所に植えられている桜の木には、花が咲いていました。

 

f:id:ekawa:20170330185943j:plain

 

和歌山城は、和歌山市では桜の名所なのですが、その桜の木以外は、まだまだのようです。

夜店の準備は出来ているようですが、まだ、店のテントは閉じられたままです。

でも、お花見をしている若い人たちの声が、少しだけ聞こえていました。