読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和歌山市で暮らして来ました。これからも・・・

生まれてから65歳の今まで、和歌山市で暮らして働いて来たエカワ珈琲店の店主が、地元の話題を綴っています

無理に活性化しなくても

マイクロビジネス

過去、滞納している固定資産税の支払方法で、何度も何度も、和歌山市役所の役人さんともめた事もあります。

また和歌山市役所の産業担当の主管課から、コーヒー豆の購入先を上場していて名前の知られている会社に変更するということで、取引停止を言い渡されたこともあります。

 

そんな時、和歌山市で生活をして、商売をしているのがイヤになるのですが、しばらくすると、そのような事は忘れてしまっています。

何故なら、和歌山市のお城周辺という場所ですが、何となく住むのに適した町だからです。

 

エカワ珈琲店、業態はコーヒー豆の小売店ですが、売上げの半分以上は通信販売ですから、別に製造販売拠点が現所在地でなくても、どの町ででも商売が成立たせる自信があります。

 

しかし、現所在地での商売にこだわっているのは、この町が生活するのに便利な町で居心地が良いからです。

もし、他の町に移って行って、この町と同じだけの環境を手に入れられるかと言うと、おそらく不可能だろうと思うわけです。

 

郊外の大型商業施設を規制して町の中心部に大型商業施設を誘致すれば、町が活性化するという考え方もあるようですが、地方の町の中心部に大型商業施設を誘致してもしなくても、状況がそれほど変わるとは考えられません。

もし仮に、町の中心部に出来た商業施設が繁盛したとすると、需要の限られている地方の町では郊外の大型商業施設の衰退を意味するわけで、郊外に巨大な廃墟ができてしまう可能性があります。

 

町の中心部を再開発して大規模な商業施設を作れば、郊外の大型商業施設周辺の、あの喧騒がやって来るということになって、現在の住環境が破壊されてしまいます。

そして、固定資産税も高くなります。

それよりも、現在の住環境を破壊しないで、生活コスト・商売コストの低い町を作るだけで、自然と人が集まってくると考えます。

人が集まって来れば、自然と町が活性化するわけで、そのほうが、無駄なお金(予算)を使わなくて済むはずです。

 

町の中心部に、大型の商業施設がやって来たとしても、周辺の零細な商店・飲食店に、恩恵などほとんど無いと考えます。

それよりも、既存の商店・飲食店の自助努力に期待するほうが、絶対に活性化の早道だと考えている今日この頃です。