読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和歌山市で暮らして来ました。これからも・・・

生まれてから65歳の今まで、和歌山市で暮らして働いて来たエカワ珈琲店の店主が、地元の話題を綴っています

元気な商人の合言葉

和歌山市の元気な商人の合言葉、それは『和歌山市の外に向かって、物を売ろう』何だそうです。

和歌山市内など店舗周辺の地域需要だけでは、小規模な店舗の経営は成り立たない時代になっています。

 

小規模零細事業者が和歌山市内で商売を続けるには、和歌山市以外の地域からお客さんを呼ぶ込む方法を考えるより他に無いみたいです。

と言っても、小規模零細事業者には、その能力がありません。

 

市役所の産業担当部署や商工会議所に期待してみても、将来に展望が開けることなど、まず有り得ません。

商業の現場で右住左住している当事者ではなくて、その傍で眺めているだけの部外者ですから、当たり前のことです。

ということで、元気な若い商人たちは、自分の力で何とかしようと、通信販売に活路を見出しているみたいです。

 

和歌山市の中心商店街『ぶらくり丁』、かつては繁栄を極めていた商店街ですが、現在、シャッター商店街の有様で、昔と比べれば相当に衰退していて、空き店舗もチラホラと目に付きます。

 

衰退したといっても、『ぶらくり丁』の場所としてのブランド価値は、和歌山市ではまだ抜きん出ています。

しかし、空き店舗がチラホラと目に付くわけですから、テナント料が下がっています。

 

その空き店舗に出店して、通信販売を主体に、マニアックなブランド商品を取り扱っている若い商人たちの中で、成功する人が現れてきています。

1人が成功して、2人目が成功して、今後、3人目・4人目・5人目と成功する人が現れてくるとすると、『ぶらくり丁』を中心とする和歌山市内の商業集積地にも変化が現れてくるかもしれません。

 

実店舗を構えていて、売上げの大半は通信販売でという商法、若い人だけの専売特許ではなくて、年齢に関係なく挑戦できる商法だと思っています。

 

エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市の自家焙煎コーヒー豆小売専門店 - エカワ珈琲店のホームページ/和歌山市でコーヒー豆を購入するなら