読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和歌山市で暮らして来ました。これからも・・・

生まれてから65歳の今まで、和歌山市で暮らして働いて来たエカワ珈琲店の店主が、地元の話題を綴っています

和歌山市でマイクロビジネスを営むということは

和歌山市議会議長、和歌山県議会議長を経験して、前回の統一地方選挙を契機に県会議員を引退されたOさんが、久しぶりにエカワ珈琲店に来店してくれました。 そのОさん曰く、「この和歌山市の中心市街地で、零細小規模な商売を長年続けているのは、大したも…

無理に活性化しなくても

過去、滞納している固定資産税の支払方法で、何度も何度も、和歌山市役所の役人さんともめた事もあります。 また和歌山市役所の産業担当の主管課から、コーヒー豆の購入先を上場していて名前の知られている会社に変更するということで、取引停止を言い渡され…

元気な商人の合言葉

和歌山市の元気な商人の合言葉、それは『和歌山市の外に向かって、物を売ろう』何だそうです。 和歌山市内など店舗周辺の地域需要だけでは、小規模な店舗の経営は成り立たない時代になっています。

和歌山の零細商店の今日この頃

海南市・和歌山市ともに、地元の零細商工業者は四苦八苦していて、廃業が続いているみたいです。 何故、四苦八苦しているかというと、需要が無いからです。